こどもの新型コロナウイルス感染症について

  • HOME
  • コラム
  • こどもの新型コロナウイルス感染症について

2021年1月22日

Q.こどもも新型コロナウイルスにかかるの?

A.かかります。現在成人の感染に比べると圧倒的に少ない傾向にありますが感染事例は報告されています。(2021年1月21日現在、1日あたりの10歳以下の陽性者数は全体の3%程度)

Q.こどもはどのような経路で感染するの?

A.保育所、幼稚園、学校などにおいてクラスター(集団感染)が発生した例もありますが、小児の感染症例の約8割弱が家族内感染であるという報告があります。

Q.こどもは感染した場合、重症化する?

A.国内では感染事例が多くなく、重症化するのは稀だとされています。しかし海外では、先天性心疾患など基礎疾患のある新生児が新型コロナウイルスに感染し、重症化した事例が少数ながら報告されています。

Q.こどもがマスクを嫌がってなかなかつけてくれません。マスクをつけてもらうには?

A. 乳幼児(小学校に上がる前の年齢)のマスクの着用には注意が必要です。
特に、2歳未満では、着用は推奨されません。息苦しさや体調不良を訴えることや、自分で外すことが困難であることから、窒息や熱中症のリスクが高まるためです。
また、2歳以上の場合でも、マスクを着用する場合は、保護者や周りの大人が子どもの体調に十分注意した上で着用してください。本人の調子が悪かったり、持続的なマスクの着用が難しい場合は、無理して着用させる必要はありません。マスクは適切に着用しないと効果が十分に発揮されません。(WHOは5歳以下の子どもへのマスクの着用は必ずしも必要ないとしています。)
乳幼児の場合、感染の予防は、保護者とともに3密(密閉、密集、密接)を避け、人との距離の確保(フィジカル・ディスタンス)、手洗いなど、他の感染防止策にしっかりと取り組んでいただきたいと思います。

出典1:厚生労働省 「新型コロナウイルスに関するQ&A
出典2:WHO 「Advice on the use of masks for children in the community in the context of COVID-19

Loading